貰ってうれしいDMとDMがもたらす効果

ネットを使った広告は非常に強力

貰って嬉しいDMには、二つの要素が欠かせません。 まずひとつは、受取手に負担のないことです。 どんなに魅力的な内容であっても、例えば一日に十件同じ配信元から届いたとして、 その内の何通に目を通すでしょうか。ある程度の期間をあけて配信する、 もしくは配信手続きの画面にどの程度の間隔で届くのか明記し受取手との認識の差を埋めるなどの対策は必要です。 また、今は迷惑メールのフィルタリング機能も充実化しています。 受取手が気づかぬ内に迷惑メールに振り分けられていては、よほどの理由がない限り受信し続けようとは思いませんし、 迷惑メールに振り分けられるような文章は十分に読まれる前に廃棄される可能性も高くなります。 文章の内容の他、視覚的にも読みやすいよう工夫することが大切です。 次に大事な要素は、 受取手にとって嬉しい、つまり有益な情報であることです。もちろん、有益であるかどうかは人によりけりでしょう。 ただ一つ、どんな人にとっても有益であると言える情報、それは受取手が知らない情報です。 IT技術が発達した今では、気になることはパソコンやスマートフォンを利用すれば簡単に調べることができます。 ですが、存在を知らないものを調べることに関してはまだ発展途上と言えるでしょう。 ですから、知らない情報を見落とさないために登録するのです。 受取手が知らない、しかもそれが受取手にとって魅力的であれば、簡単に調べ始められるがゆえに、 もたらす効果は大きくなります。 ですから、貰って嬉しいDMとは、言い換えればまだ世に出回っていない情報をいち早く、 かつ読みやすく配信するDMを作ることかもしれません。

ページのトップへ戻る